本文へスキップ

FCLLABOはルアーフィッシングを専門とする津留崎義孝のHPです

電話でのお問い合わせはTEL.0942-35-4666

〒830-0041 福岡県久留米市白山町33-4

新しいライフスタイルをご提案します




2018/10/31更新

ある日の夕方の話。

昼間からヒラスズキで入っていた現場だった。

下げのタイミングでしか入れないポイントなので夕方4時にそこにはいってみる。

その日朝は結構波があったが全体的に薄くヒラ釣りはある意味難しい展開だった。まあそれでも大きなサイズを狙えた良い日だった。

しかしゴールデンタイムの16時になると現場はかなりサラシが収まってシラーって感じである。こういうときは沖からハイスピードでルアーを持って来て岸で寸止めしたりする作戦が有効だが、1投目で青物が触りに来たのを発見しテーパーを25-60から40-100に変更。

11ft2SだったのでCC28を選択。2投目に着水点5mで水柱がたち竿が曲がった。

ドラグはわからない、とりあえず先端ノブ2周位回したので4キロ弱というところ。この場合何キロにするかというのはあんまり関係ない。PEは2号であるわけでそこが擦れても獲るか否かはドラグの強弱に関係している。つまり魚を泳がさないように引っ張るのが先決なので走らせない方向にまずはファイトを持っていく必要がある。

逆に走られたらラインに負担がかからないようにファイトする。まあかなり沖よりだったがテンションが良かったのか?かかりどころが良かったのか?魚は浅瀬の段差を超えて上がってきた。

ここからが問題。魚は右往左往するわけで早く溺れさせてネットインさせるのが吉だが、ネット持ってない。

足場は水面から2mは優にある通常だと更にここから泳がせて接岸させて下に降りて魚を掴んで終了なわけだがそこをなんと手でタグって(笑)台の上に上げた。




ファイトタイムはランディングタイムを加算すると2倍ぐらいになるが、タックルの安全と手間の問題で手でリーダーを掴んで上げた。簡単だった。時間がないので撮影してすぐさまキャスト2投目にまたもやポッパーが引き込まれる。

今度はハマチだったので早かった。次はヒラマサだったがまあ小さかったのでごぼう抜きした。もっと釣れる雰囲気だったが、これを逃すと潮が満ちて帰れなくなる可能性が高く、しかも日没という状況だったので泣く泣く帰ることになる。




磯の釣りだと普通にあることだが魚種に合わせたタックル選定の面から考えれば、2本のタックルを運びながらという厳しいものになる。崖を剥って潮を読みつつポイント移動している私にとっては釣れる魚すら邪魔な存在でありそれを持ち運ぶことは結果を縮小する原因にもなり得る。

それを思うと2号でチャレンジでは有るがある程度の結果を期待できるテーパーリーダーはある意味便利なアイテムと言えると思う。ランディング時のブレイクやタックルの破損取り込み時の事故を考えると、長いリーダーシステムはある意味便利であり自分の能力を増幅できる道具であることは間違いなかと思う。

YS-22 2/0 3/0フックにて



●TBOシリーズ
https://www.fcllabo.net/1046.html




ノーマルTBOの使い方に関してはこちらの記事をご覧ください↓

・TBO180/155 インプレッション :スタッフ岡谷
https://www.fcllabo.net/free_9_51.html



●TBOスリムシリーズ
ウォブル系アクションのノーマルに比べ、優しめのS字系アクションが特徴。

直立に近い浮き姿勢の為入水させやすく、ラフウォーターでも比較的扱いやすいダイビングペンシルです。

またドッグウォークやスキッピングアクションも秀逸で、瞬間的に水を噛みクイックなS字を描きつつナチュラルな飛沫を出すことが出来ます。

・TBO155Slim
https://www.fcllabo.net/1046_2506.html


・TBO180Slim
https://www.fcllabo.net/1046_2507.html











●CSPシリーズ
https://www.fcllabo.net/841.html




TBOシリーズよりもナチュラルなアクション。
ダイビングはもちろん、カップがある為チョッピングさせれば細かいバブルを纏わせることも可能です。

・CSP145Slim
https://www.fcllabo.net/841_2324.html


・CSP180
https://www.fcllabo.net/841_761.html


145Fはプリプリとしたアクションと小粒ながら、青物タックルでも違和感なく扱える飛距離と操作性で、ベイトサイズが小さい場合にも重宝します。

180Fは気持ちいい程の飛距離と、ボディ長を活かしたヌラヌラ〜としたアクション。スイム後に素早くテンションを抜けばグィーンとスライドしながら浮上し魚を誘います。










●EBISCシリーズ
https://www.fcllabo.net/809.html




飛距離と安定したポッピングに加え、ドッグウォークなどの小技も効かせやすいポッパー。

・EBISC135
https://www.fcllabo.net/809_409.html


・EBISC150
https://www.fcllabo.net/809_441.html


・EBISC180
https://www.fcllabo.net/809_457.html


・EBISC190
https://www.fcllabo.net/809_489.htm
l


190、150は荒天でも使いやすい飛距離とアピール強めのどっしり系のポップアクションが特徴。

180、135はアピール力を持ちながらも軽やかな使い心地。ロッドワーク次第で多彩なポッピングができ、首振りも得意。自重は軽めでも飛行姿勢が良く飛距離を出せます。









●CCPOPシリーズ
https://www.fcllabo.net/1072.html




クッキーカッターを使ったポッパー、CCPOPシリーズの軽快に操作できるオールラウンドサイズ。

このサイズになるとショアからの使用も多いだろうという事でカップは無塗装です。

波面や立ち位置の高さに影響を受けにくく、着水点から安定した確実なポッピングを容易に行うことが出来ます。

・CC28
https://www.fcllabo.net/1072_2549.html


・CC35
https://www.fcllabo.net/1072_2550.html


CCPOPシリーズはショートポップ向けではなくディープポップ向けです。魚を呼び寄せるような感覚でも使用できると思います。

細かいトウィッチでドッグウォークさせるような釣りではEBIPOP(EBISC)のほうが使いやすくなりますが、小粒感が必要でなおかつ音が大きいのはCCの方です。








●関連動画
スタッフ岡谷が行く 対馬ショアライン探訪




shop info店舗情報

FCLLABO

〒830-0041
福岡県久留米市白山町33-4
TEL.0942-35-4666
FAX.0942-35-4666