http://www.fcllabo.net/

http://www.fcllabo.net/0.html

http://www.fcllabo.net/paydeliveryguide.html

http://www.fcllabo.net/ownerInformation.html

http://www.fcllabo.net/newinformation.html

https://s501.asuka.jp/fcllabo.net/support1.cgi

https://s501.asuka.jp/fcllabo.net/basket.cgi


製品カテゴリ

FCLLABOスタッフ週報2017/01/21
(第19号)




巷ではFショーの真っ最中〜当社はモチロン出展している・・・わけありません(笑)
私は個人的に新製品見るのが好きなので、この時期は情報サイトの巡回が捗ります。

ルアーやらの構造を見ながら、アクションの予測をしつつ動画見て「あーやっぱりこんなもんだよなぁ」と思ったり、想像外の動きをすればΣ(゚Д゚)となって構造を見直す・・・うーん楽しい。

まぁ滅多に買うことはありませんが

ちなみにFCLLABOも色々と準備中です。もう色々ありすぎて若干混乱中・・・気が付いたら原型増えていくんですけど(爆)

とりあえずはTBOの新サイズは近日発売です。あとは淡水系がいろいろです。いつもどおり出来たら前振りもほとんど無く発売になると思います(´∀`;)乞うご期待。


あ、今日もスタッフ尾崎が担当ですよ。

●よもやま話



さて、ルアーリペアです。
以前、社長がhttp://www.fcllabo.jp/hosyu.htmlで記載しておりますが今回は実践に関してやっていきます。

社長の文章ではどちらかと言えばリペイントよりの記載でしたが、今回するのは本格的なリペイントなどではなく、瞬間接着剤+促進剤(スプレータイプ)を使用した簡単、お手軽なやつです。なんだかんだでルアーの「塗装剥離の進行を防ぐ」という意味では個人的には最も適している方法ではないかと思います。

今日の主役はこちら↓



とりあえず、手元にあった瞬間接着剤を並べてみました。
リペアのメインで使う瞬間接着剤は木工用、高粘度の「アロンアルファNo3」。

ちなみに低粘度の「アロンアルファNo1」は塗装面が残っているけども、下地から剥離しているような場合にしみこませて使用したりします。あまりに低粘度過ぎて・・・というかもはや水みたいですので事故率が高いです(笑)気づかないうちにルアーと指が奇跡のコラボ状態に。

アルテコのEE一般用?は粘度的には確か中間くらいでした、ただほとんどアロンで作業していますので試しに使用したことがあるくらいです。




そして促進剤。
スプレータイプが作業しやすいのでおススメです。

左から

「アルテコ スプレープライマー」
:硬化が遅い。遅いが塗装を侵すリスクが最も低い(当社の塗料の場合)

「aa・アクセレレーター2」:中間

「aa・アクセレレーター」
:硬化が早い。が比較的、塗装を侵しやすい。

という感じです。
塗装を侵すと書きましたが、色が変わるという程度で使用不可能になるほどではないです。
特に蛍光色系のトーンが落ちやすいです。
「aa・アクセレレーター」は溶剤がアセトンですのでルアー的にも人間的にも注意が必要です。


ちなみに、それぞれ何とも言えない独特な匂いが強烈ですのでご注意ください(身体にも有害)。使用時には必ず人に迷惑の掛からない換気がしっかりとした設備のもとで行ってくださいませませ。



と前振りが長くなりましたが、今回使用するのはこの3つ。
「アロンアルファNo3」
「アルテコ スプレープライマー」
「普通のつまようじ」
アロンアルファにアルテコのプライマーを使うと怒られるかもですが(笑)問題なく硬化しますのでご安心を。

最も硬化完了まで時間がかかります。とはいえ固まっているけど柔らかい時間が長いというだけで、促進剤を使用した数十秒後には触れるくらいには硬化しています。この柔らかい時間が長いため、盛り過ぎた時にカッターで切り取ったり、サンドする余裕が出来ますので、基本的にこのセットが使いやすいと思います。




さて今回の患者はこちらのお二方。
私物のTBO180とTG163です。このサイズになるとフックもかなり大きいサイズを使用するので、キャスティングと着水のショックだけでも段々と剥離してきます。









と少々大きい剥離も出てきていますので今のうちに進行を止めましょう。
あ、作業前にルアーを乾燥させておいてください。
水分が多いと白濁の原因になります。



まず、瞬間をつけます。傷に対して盛るようにのせてますが、のせすぎると促進剤を吹くときにたれますし、硬化した面が汚くなりますので傷を埋めて気持ち盛るくらいが失敗しにくいかと思います。



つまようじで少し伸ばして周りの面になじませます。



そしてスプレープライマーをシュッと1〜2回吹き付けます。
活字での表現が難しいですが「シュッ」くらいで硬化開始します、「シュー」ではなく「シュッ」です(苦笑)
多めに吹いた方が若干硬化が早くなりますが、吹きすぎると特にフチが白くなりやすいので見た目が気になる方は注意してください。また、湿度が高いと白くなりやすいですのでなるべく乾燥した状態で作業してください。

早く硬化させたい場合は「aa・アクセレレーター」を使用したほうが良いです。これは吹いた次の瞬間には触れるくらいに硬化します。
傷が多い場合にはこっちのほうが良いかもしれません。1ヶ所終わってすぐに次の作業に移れるので。





近くに多数傷がある場合は、瞬間をすべての傷につけてまとめてスプレープライマーを吹き付けます。








チッピングだけでなく、傷の周りも剥離しているような状態なら先に低粘度の「アロンアルファNo1」をしみこませるのもアリです。
今回は高粘度でもつまようじで広げれば入りました。



これで剥離の進行は止まります。

もし、傷が深い場合は2回に分けて充填するのがベターです。
一気に埋めると表面はすぐに固まるのですが、下がぼちぼちしか固まらずプツプツと固まっていない接着剤が表面に上がってきます。



応急処置完了です。今度、釣りで使用したときにどの程度耐えるか結果がわかりましたらブログで報告します。
普段は処置してもその後はあまり意識しませんから・・・


 

●あふたーわーず



ルアーはどんどんボロボロになっていくものですが、これで多少は進行を遅く出来るかと思います。
それでも限界がきたら引退させてあげてください。

とはいえ、当社のルアーは吸水しませんから塗装が無くなっても問題なく動きます。塗装が無くてもよい方は(いないと思いますが)ボディの形状が変わりすぎてアクションしなくなるまで使いまくってください(爆)

リペイントも出来ないことは無いですが使用済みでボロボロの場合ウレタンの特性上、表面が穴だらけですので下地処理にかなり手間がかかるかと思います。残った塗装をはがすのも剥離剤のような溶剤はウレタンルアーには避けたいですからねぇ、手でサンドするしかないのが辛いところ。
表面をある程度きれいにしてホログラムテープやアルミテープを貼るのが現実的なところでしょうか。

・・・まぁ新品買ってください(爆)


常に塗装の密着に関しては研究と試作を続けておりますので段々と強くなっていくと思います。
それでもまったく剥離しないルアーは難しいと思いますので、この応急処置法が参考になることを願っております。

FCLLABOスタッフ 尾崎



ちなみにこの方法でよくバルサクランクのような木材系のルアーの修理をしています。
しっかり乾燥してから針穴なんかを埋めます。アイ周りにも使いますがアイチューンすると割れるのでアイ周りはエポキシが良いかもですね〜


FCLLABOスタッフ週報2017/01/14
(第18号)




あけましておめでとうございます!
今年初めての担当はスタッフ尾崎です。

まぁ、もう明日までですかね「あけましておめでとう」を使うのも・・・
今年も半月過ぎたと思うと早いものですね〜
祖母の家で箱根見ながらゴロゴロしていたのが昨日の事のようです(苦笑)

それにしても、九州とは言えここのところの寒波でしっかり着込んでいても寒いです。
朝の釣り始めにはホッカイロが欠かせません、さすがに3枚も4枚も貼ってれば中々あったかいものですね。

・・・釣果はお寒い感じですがorz

そんな寒い中ですが本年も色々と釣りをしていこうと思っておりますので、FCLLABOスタッフ週報よろしくお願い致しますm(_ _)m

●今週?の釣果報告



さて、今年はスタッフ古波蔵から



故郷の沖縄に帰省中の釣果。うーん服装が真冬とは思えない(笑)



昼はこんな感じに根魚がちょいちょい、50mm前後のプラグやジグで。

 

夜も小型ルアーでちょいちょいと。
ちなみに写真右のターポンはこのサイズにしてなかなか強烈なスメルだったそうなΣ(´∀`;)



あ〜君を見ると南の海に行きたくなる。


さてお次はスタッフ岡谷。



おや、マルスズキだけどもルアーはがっつり青物仕様。
フックごっついなぁ、スズキがかわいそ(´∀`;)



暗くなったらイサキの群れが接岸のようで





ぼちぼち釣れたようです。
イサキもスズキも脂がのっていてとても旨かったとのこと。

残念ながら本命の青物さんは現れず・・・
来週の釣果、期待しとりますよ。

 

●あふたーわーず



さて、今週はここまでです。

実は、スタッフ尾崎、西川、末富と年末にジギングに行ったのですが
メインで写真を撮っていたスタッフ西川のカメラが海に沈んでいってしまい/(^o^)\ナンテコッタイ
まぁ、釣果は非常にお寒い感じでしたのでどちらにしてもアレだったのですがorz
天草辺りの海の50mくらいでカメラを拾われた方がいらっしゃいましたらご一報ください(笑)

それにしてもここのところ私スランプ気味ですねぇ、最近あるテーマを持って釣りをしていることもあってそれが原因な気がしますが、もうちょっと自分を鍛えるつもりで頑張ってみます。


それでは最後になりましたが、

旧年中は格別のご愛顧をいただき厚く御礼申し上げます。
本年も変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。

FCLLABOスタッフ 尾崎


あ、ルアーリペアの話は来週載せますm(_ _)m