http://www.fcllabo.net/

http://www.fcllabo.net/0.html

http://www.fcllabo.net/paydeliveryguide.html

http://www.fcllabo.net/ownerInformation.html

http://www.fcllabo.net/newinformation.html

https://s501.asuka.jp/fcllabo.net/support1.cgi

https://s501.asuka.jp/fcllabo.net/basket.cgi


製品カテゴリ

FCLLABOスタッフ週報2017/02/18
(第22号)




どーも西川です。

前回お話しました、やっすいペンチ(笑)でのフックの付け方を書いていこうと思います。

GIF形式で作ってみましたので、まずはこちらをご覧ください。





いかがでしょうか?
写真と説明だけでは少し分かりにくいと思いましたのでこういう形にしてみました。

1、まずは、ルアーを持ちリングをペンチで挟みます。

2、ルアーのアイとリングの切れ目ギリギリを付けます。

3、次に平行にリングをアイに押すイメージで押し込みます。

4、入ったら、リングは固定したままでルアーを90度回転させます。

5、リングの切れ目を少し入れ込み、リングの開いた部分にフックを当てます。

6、3で行った作業を今度はリングとフックで行います。フックをリングと平行に当てて押し込みます。

7、押し込んだら次は4と同じ作業でフックを90ど回転させます。

8、後はペンチを握って回して戻して握って回して戻してを2回ほど繰り返します。

9、で、装着完了です。


この作業で大体、7秒くらいで付けてます。
これを腹と尾で16秒。この位で付けることができます。

まあ慣れるまではもう少しかかると思いますが、慣れてしまえばこんなに経済的なペンチは無いと思います。笑

ちなみに、こちらをご覧ください。





26センチのペンシルです。
リングは確か8ぐらいでフックは5/0です。
この位のも付けれます。

これ付けれたら何でも付けれますよね、笑

もちろん外す事も可能です。
が、それはまた今度という事で。


あと素手付もやろうと思ってましたが、すいませんこれもまた今度、外すのと一緒にやろうと思います。

とりあえず付けるまでをやってみて下さいませ。

では。

FCLLABOスタッフ 西川



FCLLABOスタッフ週報2017/02/11
(第21号)




今年初めまして、どーも西川です。



2月に入りまして最初の肉の日がやってまいりました。
2月9日。ん〜確かに肉の日。

2月に29日が無いのがせめてもの救いです。

なんか最近焼肉多くないですか?社長〜


いやーたまに言われるんですよ。

お昼から焼肉とかマジ羨ましいやん!!って。
(昼休みの1時間で買ってある量たいらげなければならないのです)



羨ましいと思うのは好きな量食べれると思うからで、私たちに拒否権も選択権もなく・・・
ちなみに晩御飯が全く食べれません。笑
そんな量です。

スタッフは各々、キムチ、キャベツ、レモン、パクチー、カットパイン、柑橘系をはさみつつ食べてます。

次の日、朝起きるとなんか目ヤニがすごいんですよね。笑


まぁ29の話はこの位にして、釣果にいってみましょうかね。


まずは西川。



ナマズ〜
こんな寒くても相手をしてくれます。



5キロカープ。
スズキが相手してくれないので代わりに遊んでもらいました。笑

お次はスタッフ尾崎。





バスが相手してくれないので代わりに遊んでもらったらしいです。笑


そしてスタッフ岡谷。



こちらはちゃんと相手してもらったみたいですね。





夜はアジング。
KY8、良いサイズです。


もう少し暖かくなってくると釣果も変わってくるとは思いますけどね〜
もう少しの辛抱です。

来週も西川ですが、ちょいと脱線しましてフックのつけ方のお話をさせてもらおうかと思ってます。
純粋に自分が付けやすいと思っているやり方ですが、まぁ同じ付け方の人、全く違う人いると思います。

僕は基本、ホームセンターの下の方に雑に扱われてるやつとか、100均のラジペンしか使いませんので、そういうペンチでのつけ方を載せようと思います。

後、素手でのつけ方もやろうと思います。


ペンチに高いお金を出すのが嫌な方、是非ご覧ください。笑

では。

FCLLABOスタッフ 西川



FCLLABOスタッフ週報2017/02/04
(第20号)




はい、気づけばFショーは大阪ですね〜社長:津留崎もEGブースにいるようです(笑)


現在増殖中の原型相手に日々をパタパタしながら生きております、スタッフ尾崎です。
いやぁ、社長の製作意欲に火がつくと色々ヤバイですから・・・同時に何機種試作&テストしてるんだって話ですよ。
思いついたら原型すごい勢いで削ってますね〜。え、設計図?そんなのは社長の頭の中にしか存在しないらしいです(爆)

きっといつの日か製品として発表されますので乞うご期待。
良い物をお披露目するため1つ1つコツコツと
 社長にどやされながら 頑張ってこなしていきますか(`・ω・´)ゝ

●よもやま話



・使用タックル

我々スタッフもFCLLABOファンであります。今回は私が使用しているロッドに関してつらつらと。



はい、ご覧の通り?UC10ft(初代)です。
高校卒業と同時くらいに買ってますのでもう現役12年選手?くらいになります。
まぁなかなか頑張ってバイトして買いましたよ、さすがに高校生くらいではたっかい買い物ですから。

しかしコーテイングにもクラックが入ってきてそろそろ巻きなおしたほうがいいような・・・



モチロン使用のメインは磯、ヒラスズキ。しかしこの写真どこ見てるんすかね(苦笑)
ちなみに人生初ヒラを釣ったのもこのロッド。
いやぁ、あの頃はほんとやり取りがヘタを通り越してましたねぇ・・・
今も大したもんではないですが(爆)







まぁ磯場にいけば色々と掛かるもので。
ポッパーならEBISC190くらいは投げましたが、若干の危険を感じます(´∀`;)
投げやすく使いやすいのは135か150くらいまででしょう。

よく使うのはHRTM90D〜140T、SPPSlim110等。



特にこの竿では140T良く投げてます。サイズ感の割りにタフな時でも魚をひっぱって来てくれる頼もしいヤツです。





相変わらず私は未だに磯ヒラでは11ftではなくUC10ftがメインです。

10ftを使ったことがある方ならわかるかと思いますが、とにかくトータルで投げやすく使いやすく、結果疲れにくい。

私はなかなかに非力です(苦笑)体力を消耗すると集中が乱れますので疲れにくいというのは大事です。
一日中登って降りてを繰り返すような状態、さらに強風下だと痛感します。

道具に自分を合わせるのではなく、自分に道具を合わせる事、使いこなすことを考えればUC10ftは私に最適なのだと思います。

・・・・・・社長から「鍛えろ」と言われると反論できませんが(笑)
(社長は自分の能力を発揮する為に道具を「使います」 が、わたしのようなペーペーは道具に補助して貰いますのでほんとまだまだですねぇ)



・・・うーん、なんか写真写りがおかしい(笑)

あ、そういえばリールに関しては



最近は特に割とお安いの使ってます(゚∀゚)
いやぁ、ほんと最近のリールはミドルクラスでもドラグもスムーズだしいい感じ。(ちょっと重たいのと剛性がネックですがねぇ・・・)
但し、たまにハイエンド使わせてもらうとハイエンドのありがたさがわかること請け合い(苦笑)
やはり良い物は良いのです。





HRTM140Tを除くと使いやすく感じるのは90Dなどの90mmクラス〜110mm前後でしょうか。
135mmクラス以上は特に風が強いとキャスト時に気持ち押しが足りない感があります。





HRTM100Tは、まぁ魚を連れて来ます。100T系は10ft以上だと正直扱いにくいのは間違いないですが、ゆっくり漂わせ食わせるならばコイツは外せないのです。



きっとこの初代が引退してもまた現行の10ftをメインにすることでしょう。
一度10クラスに慣れるとあまりに使いやすくて・・・ようは楽なもんで(苦笑)思わず手にとってしまうのです。

・・・11ft2Sも欲しいのは本音ですが(爆)


 

●あふたーわーず



ロッドに関して書くつもりがルアーに関しての方が多くなったような(´∀`;)
まぁ初代の10ft宣伝してどうすんだって感じですが、今回は珍しく宣伝できた感でわたし満足です(爆)


ヒラスズキもやがてハイシーズン、1ヶ月もすれば渓流も解禁と釣欲が高ぶる今日この頃。
あぁそうだバスもそろそろいいサイズが釣れだすから、うーん体が4つくらいほしい。
・・・毎年そんな思いを繰り返し(苦笑)まぁ頑張って時間作らないとですね〜

FCLLABOスタッフ 尾崎


来週の担当は久しぶりにスタッフ西川です(=゚ω゚)ノ