http://www.fcllabo.net/

http://www.fcllabo.net/0.html

http://www.fcllabo.net/paydeliveryguide.html

http://www.fcllabo.net/ownerInformation.html

http://www.fcllabo.net/newinformation.html

https://s501.asuka.jp/fcllabo.net/support1.cgi

https://s501.asuka.jp/fcllabo.net/basket.cgi


製品カテゴリ

FCLLABOスタッフ週報2018/03/31
(第52号)




はい、行ってきました西日本釣り博2018。いやーすごい人手でした、あんな行列に並んだのは久しぶりですねぇ〜

ブースの中の知り合いの方々にも挨拶できましたし、まぁもちろんのこと



社長とも会ってきたわけで(笑)とりあえずどこの出店のご飯が美味しいかを教えてくれました( ̄∀ ̄)

会場があれだけ盛り上がってると同じ空間にいるだけでも楽しいですね〜
個人的にカタログ見るのも好きなので頂けると非常に嬉しいです(笑)

次の西日本釣り博も楽しみです。

次はFCLも出店側に・・・んなわけないな(爆)

●よもやま話



・2018カラー

さて2018カラーチャートのページを作りました。

⇒2018カラーチャート

長らくお付き合いのある方には懐かしい羽デザインのシールもデザインを変更して復刻しました。



対象の製品はネットショップでカラー変更済みですので宜しくお願い致します。
ジグも順次2018カラーに変更予定です。


・メルマガがはじまった話

えー、ネットショップでメルマガご希望の方々には大変お待たせしました。
先週ついにスタートしたFCLLABO公式メールマガジン『 FCLLBO通信(仮) 』

感想もいただいておりまして有難うございます。津留崎、スタッフ共にモチベーション上がります(笑)

ただ、ネットショップでお買い物された方のみのメルマガになっていますので今回の初号はブログでも載せる事になりました。

現在、メルマガのみの登録フォームも作成する予定ですので、少々お待ちいただけましたら幸いです。

・・・まぁこのブログをご覧の方はほとんど登録されているかもな〜とは思いますが(´∀`;)

それでは初号どうぞ!↓



■FCLLABO公式メールマガジン■━━━━━━━━━━━━

『 FCLLBO通信(仮) 』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんばんは。
FCLLABOスタッフ末富、尾崎です。

初期からメルマガご希望のお客様には大変お待たせいたしました。
FCLLABOの公式メルマガ「 FCLLBO通信(仮)」を本日スタートします。


■ 目次 ■───────────────────

 1: ― 津留崎義孝 釣師の視点 ―
 2: 新製品情報、開発情報など
 3: あとがき

─────────────────────────


●1: ― 津留崎義孝 釣師の視点 ―
─────────────────────────
▼今回は近況からのルアー選定に関して
─────────────────────────

いよいよ春本番、ソルトも淡水も忙しくなってきました。

▼ヒラスズキ
春のヒラスズキはベイトがある程度大きい場合と小さい場合がありますが
基本アンダーサーフェスがキーとなります。

水面下箸一本以内をイメージした操作が鍵とも言えると思います。
また小さく釣ることも有効となります。
定番の100Tシリーズや90mmあたりがおすすめとなります。
フックも津留崎仕様のYW77をおすすめします。バレにくいです。

ロッドでリールの補助程度のフックアップを心がけてください。

この時期は真鯛も多いことからバイブレーションも忘れずに。
まずは140T、100T、90、バイブレーションというパターンで
2周目ならサーフェスで浮かせつつも同じ場所ステイでゆっくりしたライズを誘ってください。


▼渓流
渓流始まりました。ベースはHKTMシリーズ45mmが大好きです。
その上はいきなり70T、81Tに行きます。
81Tにはミッドダイバー(81MD)も登場しており、それをジャークして使っています。
温かい南風と柔らかい雨が降ったら迷わずGOです。

ダム湖のインレットもこの時期良い時期です。
早巻きで使うのに最適なHRTM75T、これもおすすめです。


▼青物
青物もこれからヒラマサのシーズン。上ずっているので上まで頑張ってしゃくるか
サーフェスをボチボチ投げるか悩むところです。 

軽量化したUCB75ftバットジョイントバージョン、夏マサまでは間に合うかも。

VM系統がおすすめです。それと定番FTシリーズもお忘れなく。


(津留崎)

─────────────────────────
▼ 今回、本文中に出てきた製品
─────────────────────────

▼ヒラスズキ

・HRTMシリーズ:
http://www.fcllabo.net/860.html

・〆バイブシリーズ:
http://www.fcllabo.net/890.html


▼渓流

・渓流HRTM、HKTMシリーズ:
http://www.fcllabo.net/1017.html


▼青物

・VMジグシリーズ
http://www.fcllabo.net/760.html

・FTジグシリーズ
http://www.fcllabo.net/780.html

・UCB75ft(現在売り切れ中、夏マサまでには・・・)
http://www.fcllabo.jp/UCB75FT.html



●2: 新製品情報、開発情報など
─────────────────────────
▼まずは新製品情報
─────────────────────────

さて、昨年よりテストしてました渓流系のRo−raが発売になりました。

●Ro−ra35S(シンキング)
全長(ボディ長)約35mm 自重約3.3g

http://www.fcllabo.net/1074_2527.html

●Ro−ra45S(シンキング)
全長(ボディ長)約45mm 自重約3.5g

http://www.fcllabo.net/1074_2528.html

とりあえず現在はシンキングのみですが、45に関してはフローティングが製作予定です。

製品紹介は、昨年から特に使っているスタッフ西川に担当してもらいましたが、
まずRo−raとは?という方もいると思いますので軽くご説明。

もともとのRo−raはバス用のクランクベイトです。
運動効率の良いボディのフロントにアクションの基点となるリップを搭載する事で
更なる運動効率を生み出したロールアクションクランク、という触れ込みです。

この後付けリップのスタイルは国内では販売しておりませんが、
「Dシリーズ」が初めてのモデルです。

Dシリーズは4種ありましたが(D−1A、BとD−2A、B)
こちらはダイビングルアーの潜りを阻害せず、運動効率を上げる目的でした。

対してRo−ra、それからSHKM175A、AWに関しては
運動効率のみを上げることを目的としています。

結果、早めの巻きには向きませんが、
アクションの立ち上がりが良く、短距離でのアピール力が強いルアーに仕上がっています。

またヘッド側にリップのあるRo−raはアクションの質を巻き速度で変えやすいので
食わせのタイミングを作りやすいという副産物が生まれました。
(遊泳中のボディ角度変化に反応が良いという事です)

・・・えー、長くなりましたがまとめるとRo−raは

・低速向きの
・立ち上がりの良い
・ハイレスポンスで
・短距離でのアピールが強い

というルアーです(笑)

そして今回出るシンキングのRo−raはウェイトを見てもらえるとわかると思いますが
「35Sは比較的早いシンキング」で「45Sは35Sと比べるとゆっくり沈む」

立ち上がりは45Sが早いです。
まぁ、どっちも早いのでアップストリームの釣りにはどちらももってこいですね。

巻き速度によるアクション変化はシンキングですので幅が狭く少し難しいと思います。
後ほど発売予定の45フローティングが向いているかと思います。


ちなみに体高があるので体感的にワンサイズ大きい感じがします(笑)

─────────────────────────
▼実は・・・いろいろ開発中(笑)
─────────────────────────

まだ情報はあまり出せませんが、クッキーがショアから投げれるようになりそうとか、
TS−P3のワンノッカーモデルとか、Ro−raの大きいモデルなど
ロッドもソルト系も淡水系も色々開発中です。

確認次第、情報を出していきます。



●3: あとがき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

はい、初のメルマガでした。

そのうち何かメルマガのみの企画も・・・と画策中です。期待しない程度にご期待ください。
配信ペースも未定ですが月に何度か配信出来たらいいなとは思います。

ちなみに(仮)なのは名前を確認する前に社長が旅に出たものですから確認できてません(笑)
次号から変わるかもですが、そんな事情ですのでご察し下されば幸いです。


(FCLLABOスタッフ末富、尾崎)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆配信停止、配信先メールアドレス変更
お手数ですが下記のお問い合わせフォームにお名前とメールアドレス、
配信停止希望もしくは配信先メールアドレス変更の旨をご記載の上、送信ください。
https://s501.asuka.jp/fcllabo.net/support1.cgi

◆備考
お問い合わせ等も
https://s501.asuka.jp/fcllabo.net/support1.cgi
にお願いいたします。

◆発行
FCLLABO
http://www.fcllabo.jp/
〒830-0041
福岡県久留米市白山町33−4

FCLLABOネットショップ
URL:http://www.fcllabo.net/
メールアドレス:webmaster@fcllabo.net
メルマガ、ロッド担当:fcllabo_rod@fcllabo.net

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


以上、『 FCLLBO通信(仮) 』初号をお届けしました。

 

●今週?の釣果報告



ずいぶんと日が過ぎてしまいました(苦笑)

とりあえず社長と酒井から



磯場を駆け回る修行の巻





状況は芳しくない模様。
爆風からのおさまりが早すぎてアタリはあれども数は出ず・・・



まぁ酒井さんなんとかゲット!
曰く「110YSは最高だ!」との事、ほんと調子が良いのだから(笑)


お次は岡谷。





大台越えのナイスなバスを釣ってからの





磯場でシーのバスもゲット!ルアーは〆75。サラシが厚かったため少し下の層を意識して引いてきたとの事。


さて最後は尾崎





あったかくなる前のグッドなタイミングに行くことが出来ました。
ちなみに1週間後は水温が上がりすぎてバイトはあれども2度目がない悩ましい目にあいましたとさ(笑)
 

●あふたーわーず


メルマガもはじまり、長期の釣行予定も近くなりてんやわんやのわたくしスタッフ尾崎(笑)

メルマガだけでなく、いろいろ企画もやっていきたいなと思っておりますので乞うご期待・・・といって自分を追い詰めときます(´∀`;)

それではまた次回m(_ _)m

FCLLABOスタッフ 尾崎


 

FCLLABOスタッフ週報2018/02/26
(第51号)




さて今年も津留崎は大忙し。西日本釣り博2018にも来場予定のようですよ(・∀・゚0)
もちろんFCLLABOとしての出展!・・・ではありません(笑)

私も今回は北九州と近場ですので普通のお客さんとして見に行こうかな〜なんて思ってみたり。
しれーっと社長のいるブースにも行こうかと画策しとります・・・なんか怒られそうな予感が(笑)


ちなみに本日のブログはTWジグの話と今年のカラーラインナップに関してです。

釣り博もあるし新作関係の話でも、なんて思ったんですがまだ確定していない情報も多いんで次回以降ぼちぼち載せる予定です。

●よもやま話


・TWとトゥルースピン

前回ちょっと話に出した津留崎プロデュースのトゥルースピンジグ。



もうすでにご覧の方も多いかと思いますがよく回ってます(笑)

トゥルースピンジグのコンセプトは





極稀にですが問い合わせを頂いてましたTWジグが元ネタだったりします。今回はそんな2つの回転ジグのお話。

トゥルースピンジグは10年以上前からでしょうか、試作していたTWジグを発展・・・というより「回転」コンセプトの方向に尖りまくってたので使いやすくリファインして一般向けに寄っているモデルです。

上の動画を見るとわかりますが、トゥルースピンジグはフリーでもまっすぐフォールします。TWもキチンとテンションをかければ真っ直ぐ落とすことも出来ますがフリーで一度回転が始まると横方向に流れ出すじゃじゃ馬さん(笑)

逆に言えばTWはテンションコントロールで意図的に横方向に流し続けることが可能なので状況によっては他のジグにはない爆発力が出ると思います・・・が、多少コントロールには慣れが必要、また形状から見てもわかるように回転方向は常に一方向なので流す方向に気を使わないとトラブルの元(´∀`;)

要はTWは扱いの難し〜ジグなわけです。



このお知らせの段階では「ヨレ対策用に反対回転のものがほしい」と書いてますが確かそこまで試作完了していたような。結局なんだかんだありまして新製品のお知らせまで作ってましたが発売はしていません。
ボディを鋳込むの超難しいですし(爆)

対してトゥルースピンジグは左右対称系で回転も両方向するように製作してあります。
まぁここはFCLのブログですので詳しくは書きませんが、両方向回転がみせるトリッキーなフォールが特徴の特化と汎用のバランスの取れたある意味「普通」に使用できるジグです。

こういう「特化」部分を一般向けに落としこむのも社長は得意だからビックリなんスよね〜

さて回転というものに注目したジグはどう評価されるのか、ビルダーとして個人的に非常に楽しみです。

ちなみにスイベルは必須です(笑)


・HRTMの2018



毎年恒例、カラーチャートがマイナーチェンジいたします。今回は先に在庫が出来るHRTMのカラーチャートをご紹介。


●BBS:セグロシルバー







今回から目が金目系になりました。スクウェアスリットホロが特徴のギラギラしたカラー。


●DB:ダークブルー







なんだかんだずーっとあるダークブルー。実は製作者から見るとダークパープルなんですけどね(笑)


●SAR:イワシ







定番のイワシは背中のカラーが少し変わりました。透明感を感じる仕様です。


●KT:カタクチ







ブラックバックにグリーンとオレンジに反射する透明ラメが特徴のカラー。SS:スモークシャッドの親戚みたいなカラーです。


●HM:アジ







久しぶりに復活のアジ。パールストライプの仕様が繊細になって艶かしくなりました。


●KB:キビナゴ







キビナゴはほぼ仕様変化なしですが、背中のマイカを無くしてサイドのホロを強調するイメージに。


●PHP:ピンクヘッドパープル









新色。視認性の良いピンクヘッドでパープルバックです。ベリーは特殊マイカ仕様。


●LGO:ライトグリーンオレンジベリー









新色のFCLでは珍しいグリーンバック。グリーンには若干蛍光塗料を使用しています。


●MGCH:マイカゴーストチャート ⇒ ●MGCHG:MGチャートグリーンヘッド









今回から結構仕様が変わったMGCH、ヘッドのみ淡いグリーン、ベリーにもソリッド系のチャートを着色しました。
⇒ ●MGCHG:MGチャートグリーンヘッドにカラー名が変わりました。

以上の9色が今年のラインナップになります。宜しくお願いします。
 

●あふたーわーず



この時期はだいたい新作と新色でてんてこ舞いな感じですね(苦笑)

ちなみにHRTMのカラーチャートは

ZC mini
CSP SP-F
TS85
HRTM(HRTM50〜75Tは除く)
HKTM(HKTM45〜81T、81T MDは除く)
HKTS
IW.P
SPPSlim
SPPシンキング(SPP Mini,Sinking)
SSD

上記モデルが共通のカラーチャートになりますのでよろしくお願い致します。

次回は大型系プラグのカラーも載せる予定です。






FCLLABOスタッフ 尾崎






製品紹介だけも寂しいんでちょっと前の釣果だしときます(´∀`;)
冬の定番メタルバイブで。それにしてもフラットキャップ似合うわ〜(笑)
 

FCLLABOスタッフ週報2018/01/20
(第50号)




今年もFショー開幕!津留崎はEG社のブースにおりますので冷やかしに気軽に話しかけて下さい(笑)

今回のFショーは久しぶりに津留崎プロデュースのジグが新製品で出るので社長行く前から忙しそうでしたね〜

ウチで作ってたTWジグの方向性が日の目を見る日が来るとは・・・なんか感慨深いです。
TWはトンガリ過ぎてたからなぁ(爆)

あ、少々遅くなりましたが今年もよろしくお願いいたします。ブログ担当は今年も多分スタッフ尾崎です(笑)
 

●今週?の釣果報告





さて今回は年末の定番、スタッフ西川、末富親子の3人で正月の魚を求めて某島へ。






初日はなかなかサラシていたようですがヒラなスズキさんはキラリともせず(´∀`;)
ありますわなサラシ良くて魚不在(苦笑)

というわけで本来の目的、青物狙いに戻ります。




口火を切ったのは末富父(・∀・゚0)
早速正月魚ゲットで目的達成ですな〜



ルアーはCSP145Slim、ちなみにカラーはカスミアジ(笑)

1匹釣れれば皆気合いれてトップを投げる投げる投げる







またも末富父に魚がドン!
親子協力(笑)してランディング成功〜



CSPがいい仕事する日です(・∀・゚0)

末富が親父さんの真横でポッパーを引いても全く反応が無かったようで(´∀`;)
ポッパーなどの表層系には反応が薄く、水中を泳がせた方が反応が良かったようです。

この後も魚は出たようですがフッキングまで至らず・・・




あったかーいご飯を食べて明日に備えます。






野山を駆け巡るのもこの手の釣りの醍醐味ですな。
さすがに何往復もすると地獄(爆)

この日は最初から青物スタートです。まぁサラシの濃い場所は一応打ちますがやはり魚信は無く・・・うーんヒラスズキはどこに行ったのか。






親父さんTBOでゲット!・・・そろそろスタッフも本領発揮してもらおうかしら(笑)

とジグをシャクっていた西川に待望のヒット!















手前で結構粘ったようですがうまくいなして



西川も正月魚ゲット!(笑)



ジグはVN120・・・か180(笑)
西川は180位まで普通に投げるから今度確認しときます(´∀`;)

この後も続けますが青物は西川の魚で終了となりました。





まぁスタッフ末富は次回に期待(笑)
親父さんには「俺が釣れるちゃけお前も釣るっやろ」と言われたようです( ̄∀ ̄)






ちなみに夜はアジングしていたようでなかなかグッドなアジのオンパレードでうらやましす!
ルアーはガ〇プっすガル〇(笑)


朝から晩まで釣りを堪能して年末を迎えたようです。
久しぶりにガッツリ歩いたもんだから膝にキタとのことでした(笑)

2017年はホント青物の釣果が多い年でしたね〜
まぁヒラスズキは今年にとっておいたという事にしときます(苦笑)
 

●あふたーわーず



さて記事を書き終わったら私もホッカイロ貼って釣りに行こうかと思っとります(笑)
年末も行きそびれましたからねぇフラストレーション溜りまくりです。
今年は某国に行けそうですので気合入れて釣りを鍛えておかないと・・・( ̄∀ ̄)


それでは今年もよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

スタッフ尾崎



そういえば



新デザイン出来ましたんでよろしくお願いします(笑)
しかしガチではいてないやんコレ(爆)